Quest Diagnosticsはコロナウイルスのテストを開始します

クエストダイアグノスティクスは、病院と医師がウイルスをスクリーニングするのに役立つ独自のコルナウイルステストを開始する、と同社は木曜日に発表した。

クエストは、3月9日月曜日に検体の受け取りとテストを開始します。同社によれば、このテストでは病院や医師から収集した呼吸器検体を使用します。 Quest Diagnosticsサービスセンターは、COVID-19の疑いがあるケースで呼吸器検体を収集しません。ウイルスに感染している、または感染の疑いがある患者は、クエストに検体を提供する最善の方法について医師に相談する必要があると同社は述べた。

「国民の健康危機の時代には、効果的な公衆衛生対応を動員するために質の高い実験室検査が絶対に不可欠です」と、クエストCEOのスティーブ・ラスコウスキは言いました。 「コロナウイルスの発生に対する効果的な対応を促進するために、患者および医療提供者に迅速にもたらされる革新的で質の高い実験室開発テストの柔軟性を提供したことをFDAに称賛します。」

ニューヨーク証券取引所に上場している会社の株式はニュースでわずかに上昇しました。

米国当局は、致命的なウイルスの事例が増え続けているため、より多くの人々をテストする能力を強化しようとしています。先週末、Food and Drug Administrationは、一部のラボでは、連邦政府によるレビューの前に独自に開発および検証したテストの使用を開始できると述べ、地方当局が数時間以内にテストを開始して結果を得る方法を明確にしました。

疾病管理予防センターと州の保健当局によると、保健当局は、少なくとも129の確認済みCOVID-19症例と全国で少なくとも11人の死亡を報告している。

CDCは、発生の早い時期にテストキットを全国の公衆衛生研究所に送ったが、これらのキットは問題があり、不正確である可能性があるとCDC関係者は述べている。地元の臨床医は検査キットに頼ることができないため、検査を実行できる能力を備えた検査室にサンプルを出荷する必要があり、診断と治療のプロセスが遅れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です