73/5000 WHOはコロナウイルスと戦うために「すべての停止を撤回する」ようにすべての国に呼びかけます

世界保健機関は木曜日に、すべての国に「すべての停止」を撤回して、COVID-19コロナウイルスが中国国外に広がり続けているので戦うよう呼びかけた。

「この伝染病は、政府の機械全体を巻き込む調整された包括的なアプローチによってのみ後押しすることができます」と、WHO事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイェサスは、ジュネーブにある機関の本部での記者会見で述べた。 「私たちはすべての国に、スピード、規模、明確な決意をもって行動するよう求めています。」

今見る
VIDEO01:06
イタリアのコロナウイルスによる死亡者数は、世界が流行に取り組むにつれて100人を超えました
テドロス氏は、世界保健当局は、症例を報告している国、特に医療システムが弱い国の増加について「深く懸念している」と述べた。彼はまた、一部の国がこれを十分に真剣に受け止めていないか、地元の発生を抑えるために何もできないと決めたのではないかと心配しています。

「この流行は、金持ちと貧乏人のすべての国にとって脅威です。前にも言ったように、高所得国でさえ驚きを期待すべきだ」と彼は言った。 「一部の国では、政治的コミットメントのレベルと、そのコミットメントが私たち全員が直面する脅威のレベルと一致しないことを示す行動が懸念されています。」

「これはドリルではありません。これはあきらめる時ではありません。これは言い訳の時ではありません。これはすべての停止を引き出す時です」と彼は言いました。

WHOの職員は先週、コロナウイルスのリスク評価を世界レベルで「高」から「非常に高」に引き上げました。世界は依然として「最悪の事態」を回避できますが、リスク評価の増加は、WHOの「懸念レベルが最も高い」ことを意味します。

テドロス氏は木曜日、韓国で新たに報告された症例の数は減少しているようであり、特定された新しい症例は主に既知のクラスターからのものであると付け加えた。

このウイルスは「一方通行ではありません」と彼は言いました。 「このウイルスは押し戻される可能性があります。」

世界保健当局は火曜日、COVID-19の死亡率は世界全体で3.4%であり、以前の推定値である約2%よりも高いと述べた。

月曜日の記者会見で、WHOの役人はCOVID-19がどのように振る舞うのかわからないと言って、それはインフルエンザのようではないと言った。彼らは、季節性インフルエンザについては伝染の仕方や病気を抑えるためにどのような治療が効果的であるかなど多くのことが知られているが、コロナウイルスに関しては依然として同じ情報が疑問視されていると付け加えた。

保健当局は、呼吸器疾患は、人と人との接触、くしゃみや咳で運ばれた水滴、無生物に残った細菌を通じて広がる可能性があると述べています。

WHOの新興疾患および人獣共通感染症部門の責任者であるマリア・ヴァン・ケルホーフ博士は、木曜日の科学者は現在、無症候性感染が疾患の「主要なドライバー」であるとは考えておらず、「変化する可能性がある」と付け加えた。

「まだ初期段階であり、まだこのアウトブレイクの数週間後です」と彼女は言いました。 「このウイルスについて毎日新しいことを学んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です