非鉄金属の生産と加工市場の競争調査と正確な展望2020年から2030年

非鉄金属の生産と処理の市場調査レポート2020〜2026は、ステーションの非鉄金属の生産と処理の詳細な評価を示しています。これは、次のパラメータを考慮した、歴史的かつ未来的な視点で市場の成長分析を業界の概要に提供します。コスト、収益、需要、および供給データ(該当する場合)。ボトムアップアプローチを使用して、さまざまな地域の最終用途アプリケーションに基づいて、ステーションの非鉄金属の生産と処理の世界市場規模を100万米ドルで推定しました。レポートは、市場の歴史的な成長、COVID-19の影響をカバーし、COVID-19後の回復も予測しています。レポートは、2020年から2026年までの非鉄金属の生産と処理への投資の予測も示します。

世界の非鉄金属生産・加工市場のトップ企業
China Limited of China Limited(NYSE:ACH); Vale S.A.(NYSE:VALE)。 Rio Tinto plc(ASX:RIO); Anglo American plc(OTCMKTS:NGLOY); BHP Billiton plcなど。

世界の非鉄金属生産および加工市場は、-13.8%の複合年間成長率(CAGR)で、2019年の1,258億ドルから2020年には1,0922億ドルに減少すると予想されています。この減少は主に、COVID-19の発生とそれを阻止するための措置による国全体の経済の減速によるものです。市場はその後、2021年から7%のCAGRで回復および成長し、2023年には1,183億ドルに達すると予想されています。

購入前の非鉄金属の生産と加工市場2020に関する最新の研究のサンプルPDFコピーを入手する
https://www.marketinsightsreports.com/reports/06022059086/nonferrous-metal-production-and-processing-global-market-report-2020-30-covid-19-impact-and-recovery-including-1-by-type-nonferrous-metal-except-aluminum-smelting-and-refining-copper-rolling-drawing-extruding-and-alloying-nonferrous-metal-except-copper-and-aluminum-rolling-drawing-and-extruding-secondary-smelting-refining-and-alloying-of-nonferrous-metal-except-copper-and-aluminum-2-by-end-user-industry-automotive-electronic-power-construction-others-3-by-process-type-smelting-and-refining-rolling-drawing-extruding-alloying-others-covering-aluminum-corp-of-china-ltd-vale-s-a-rio-tinto-plc-anglo-american-plc-bhp-billiton-plc/inquiry?Mode=46&Source=LO

市場概況:
グローバルな金属企業は、効率を改善して生産性を向上させるためにIoTテクノロジーを採用および実装しています。 IoTは、人、機械、およびサービスを接続し、情報の流れとリアルタイムの決定を可能にします。 IoTテクノロジーは、資産の稼働時間の増加、効率的な予測メンテナンス、処理と配信時間の高速化などの利点を提供します。 KPMGによると、世界の金属企業の幹部の72%は、IoTテクノロジーに投資する用意があります。グローバルな金属企業によるIoTテクノロジーの採用の拡大により、この業界の生産性と成長が促進されることが期待されています。

市場分析:
アジア太平洋地域は、世界の非鉄金属生産および加工市場で最大の地域であり、2019年の市場の73%を占めています。西ヨーロッパは、世界の非鉄金属生産および加工市場の10%を占める2番目に大きな地域です。アフリカは、世界の非鉄金属の生産および加工市場で最小の地域でした。

非鉄金属の生産と処理市場は、製品タイプとそのサブタイプ、主要な用途とサードパーティの使用分野、および重要な地域に基づいて分割できます。

このレポートは、タイプに基づいて、グローバルな非鉄金属の生産および処理市場をセグメント化します。
非鉄金属(アルミニウムを除く)製錬;銅の圧延、伸線、押出、合金化;非鉄金属(銅とアルミニウムを除く)圧延、伸線、押出し。非鉄金属の二次製錬、精錬、合金化(銅とアルミニウムを除く)

アプリケーションに基づいて、グローバルな非鉄金属の生産および処理市場は、次のように分類されます。
自動車;電子パワー;建設;その他

地域は非鉄金属の生産と処理の市場レポート2020〜2026でカバーされています。

北米、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド。
北米(米国、カナダ、メキシコ)。
ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イギリス、ロシア、イタリア)。
アジア太平洋(中国、日本、韓国、インド、東南アジア)。

レポートには150の表と図があり、レポートの説明と目次を閲覧できます。
https://www.marketinsightsreports.com/reports/06022059086/nonferrous-metal-production-and-processing-global-market-report-2020-30-covid-19-impact-and-recovery-including-1-by-type-nonferrous-metal-except-aluminum-smelting-and-refining-copper-rolling-drawing-extruding-and-alloying-nonferrous-metal-except-copper-and-aluminum-rolling-drawing-and-extruding-secondary-smelting-refining-and-alloying-of-nonferrous-metal-except-copper-and-aluminum-2-by-end-user-industry-automotive-electronic-power-construction-others-3-by-process-type-smelting-and-refining-rolling-drawing-extruding-alloying-others-covering-aluminum-corp-of-china-ltd-vale-s-a-rio-tinto-plc-anglo-american-plc-bhp-billiton-plc?Mode=46&Source=LO

レポートで提供されている重要な機能とレポートの主なハイライト:

-非鉄金属の生産と加工市場の詳細な概要
-業界の変化する非鉄金属の生産と加工市場のダイナミクス
-タイプ、アプリケーションなどによる詳細な市場セグメンテーション
-ボリュームと値の面での歴史的、現在および予測される非鉄金属の生産と処理の市場規模
最近の業界の動向と発展
-非鉄金属の生産と加工市場の競争力のある風景
-主要プレーヤーの戦略と製品提供
-将来性のある成長を示す潜在的およびニッチなセグメント/地域。

非鉄金属の生産および処理市場に関するよくある質問:

–最近の動向と政府の政策は何ですか?
–来年、特定の経済の落ち込みを予測できるのはなぜですか?
–なぜ通貨が上昇するように設定されていると言うのですか?
–最も可能性が高い国とセクター
–最大の危険はどこにありますか?

特定のクライアント要件に基づくレポートのカスタマイズも提供します
選択した5か国の無料の国レベルの分析。
5つの主要市場プレーヤーの無料の競合分析。
他のデータポイントをカバーする無料の40アナリスト時間。

私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19の市場への影響を追跡しています。これを行っている間、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能な場合は、Q3のレポートに追加のCOVID-19アップデート補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

私たちに関しては

Market Insights Reportsは、5000以上のミクロ市場に関する500,000の詳細な調査のオンライン市場調査レポートライブラリです。 Market Insights Reportsは、農業、エネルギーと電力、化学物質、環境、医療機器、ヘルスケア、食品、飲料、水、先端材料などに関する調査研究を提供します。

お問い合わせ

Irfan Tamboli –市場分析レポート
電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687
sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

カテゴリー未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です