電動車椅子市場の需要の高まりと2020年から2025年までのビジネス展望 Invacare Corporation、OttoBock Healthcare GmbH、Permobil AB、Pride Mobility Products Corporation

学際的な科学と工学組織の出版物の国際ジャーナルによると、車椅子を必要としている人々の数は、65年以上の人口の増加と増加により、次の10年間で22%以上増加すると推定されています車両事故時の脊椎損傷の数。世界の電動車椅子市場は、これらのモビリティデバイスを必要とする高齢化人口の増加により、2020年の42億9,178万ドルからCAGR 13.4%で成長すると推定されています。

障害者や高齢者が利用できる電動車椅子。パワーチェアまたは電動車椅子とも呼ばれます。これらの車椅子はバッテリーで動作するため、移動のために人間の補助を必要としません。電動車椅子の最も明らかな利点は、それがユーザーフレンドリーで便利であり、手動車椅子を使用できない人、または長距離を移動するために車椅子を使用したい人、そしてそのような場合には手動を使用したい人にとって非常に役立つことです車椅子はとても難しいです。これらの車椅子は、障害のある人だけでなく、心臓血管や喘息に基づいた状態の人にも使用されます。

カスタマイズを求める

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07292190589/electric-wheel-chair-market-forecast-2020-2025/inquiry?Mode=21

世界の電動車いす市場で著名なプレーヤーは次のとおりです。

Invacare Corporation、OttoBock Healthcare GmbH、Permobil AB、Pride Mobility Products Corporation、Sunrise Medical Inc.、および25社以上の企業。

電動車椅子の主な用途は何ですか?
電動車椅子の用途には、病院(患者の移動、上半身と下半身の位置、骨盤の位置)、リハビリセンター、スポーツと陸上競技(モトクロスレース、バスケットボール、ラグビー、芝生テニス)と家庭(手動モビリティ、電動モビリティ、コーパスシート)があります。 ) などなど。

世界の電動車椅子市場の概要

–モトクロスレースは、障害者コミュニティではかなり商業的なスポーツです。アスリートは自転車モトクロスX(BMX)のトリックを採用し、電動車椅子を使用してさまざまな高性能レベルのスタントを行います。BMXスポーツ車椅子は最初のモデルとして設計され、特にBMXのような車椅子活動のために開発されています。デザインは、マルチリンクサスペンション、フロントキャスターの配置、ハンドルバーの配置など、多くの点で標準の車椅子とは異なります。車いすのフレームは丸いチューブでできており、直線で剛性を保ちます。マウンテンバイクと同様に、マルチリンクサスペンションとデュアルコイルオーバーショックを備えています。これらすべての変更により、アスリートはスポーツで最高を達成することができます。

– Foldawheel社は最近、ペガサスIIと呼ばれる電動車椅子を導入しました。この車椅子は、最も軽量で、パワーコントロール機能でスタンドアップまたはシートダウンを簡単に練習し、手動で転がすことができます。上または下の位置は、アームレストの先端にある小さなコントローラーによって制御されます。この車椅子は、片手または四肢が機能する人に適しています。ユーザーの健康は、頻繁に立ち上がったり立ち下がったりする活動によって大幅に改善されます。病院、家庭、リハビリセンターの理学療法機器として機能します。

完全なレポートの説明と目次を参照してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07292190589/electric-wheel-chair-market-forecast-2020-2025?Mode=21

さらに、グローバルな電動車椅子市場には、以下のポイントが含まれており、各ポイントの詳細な調査が行われています。–

–グローバル電動車椅子市場の概要、ドライバー、拘束、機会、セグメンテーションの概要

–メーカー(2020-2026)によるグローバル電動車椅子市場競争

–地域による生産と消費

–メーカーの完全なプロファイリングと分析(2020-2026)

–製造コスト分析、材料分析、地域ごとの製造費

–産業チェーン、ソーシング戦略、ダウンストリームバイヤー

–マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

–グローバル電動車椅子市場効果要因分析(2020-2026)

–世界の電動車いす市場予測(2020-2026)

–グローバルな電動車椅子の市場調査結果と結論

さらに、このレポートは、市場の成長、機会、課題、および主要なプレーヤーと市場全体が直面するリスクに影響を与える主要なドライバーについて説明します。また、主要な新たな傾向と、現在および将来の開発への影響についても分析します。

調査には、2015年から2020年までの履歴データと2026年までの予測が含まれます。これにより、レポートは、業界の幹部、マーケティング、セールス、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および簡単にアクセスできるドキュメントで主要な業界データを探しているその他の人々にとって貴重なリソースになります。明確に提示された表とグラフ。

私たちがリストするすべてのレポートは、市場に対するCOVID-19の影響を追跡しています。これを行っている間、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能な場合は、Q3のレポートに追加のCOVID-19アップデート補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

私たちに関しては

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などの業界の垂直市場に関するシンジケートマーケットリサーチを提供します。これには、統計予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれます。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)–市場分析 レポート

電話:  + 1704 266 3234

Mob:  + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です