間接燃焼空気ヒーターの市場規模、状況、グローバルな展望2020年から2025年

2020年から2025年までの間接燃焼式空気ヒーター市場調査レポートは、ステーションの間接燃焼式空気ヒーターの詳細な評価を示しています。これは、次のパラメーターを考慮した、市場の成長分析と歴史的および未来的な展望を含む業界の概要を提供します。コスト、収益、需要、および供給データ(該当する場合)。ボトムアップアプローチを使用して、さまざまな地域での最終用途アプリケーションに基づいて、ステーションの間接燃焼空気ヒーターの世界市場規模を100万米ドルで推定しました。レポートは、市場の歴史的な成長、COVID-19の影響をカバーし、COVID-19後の回復も予測しています。レポートはまた、2020年から2025年までの間接燃焼空気ヒーターへの投資の予測を示しています。

グローバル間接燃焼空気ヒーター市場のトップ企業
Macヒーター、JetHeat、Therm Dynamics、Allmand、回転エネルギー、トルク熱、ConleyMaxヒーター、Thawzall、Flagro、Multitek、Tiogaエアヒーター、Wacker Neusonなど。

この調査によると、今後5年間で、間接燃焼式ヒーター市場は収益の観点から2.2%のCAGRを登録し、世界市場規模は2019年の7,600万ドルから2025年までに8,300万ドルに達します。

市場概況:
イベント業界では、間接燃焼式ヒーターがマーキーや一時的な構造物を加熱するために広く使用されており、騒音、臭い、煙などのないゲストを暖かく保ちます。これらのユニットは、デリケートで可燃性の材料が保管されている場所でも使用され、間接的に炎を気流から分離します。

購入前の2020年の間接燃焼空気ヒーター市場に関する最新調査のサンプルPDFコピーを入手
https://www.marketinsightsreports.com/reports/02041817726/global-indirect-fired-air-heater-market-growth-2020-2025/inquiry?Mode=46&Source=LO

市場分析:
まず、産業構造分析では、間接燃焼空気ヒーター産業が比較的集中しています。大規模な多国籍企業から小規模な民間企業まで、これらのメーカーはこの業界で競争しています。上位5つの生産者が販売市場の50%以上を占めています。地域的には、米国はバルブの最大の生産価値分野であり、間接燃焼式空気ヒーター業界全体のリーダーでもあります。

第二に、間接燃焼式エアヒーターの生産は、2011年の2203台から2015年には2074台に増加し、降下率は1.5%でした。

第三に、米国は2015年に生産市場の80%を占めました。世界の全産業の4.59%を占めるカナダがそれに続きます。他の国では少量の生産があります。地理的には、米国は世界最大の消費市場でもあり、2015年の世界の消費量の約78.73%を占めました。

第4に、価格動向分析の場合、間接燃焼式空気ヒーターの生産者のパフォーマンスの重要な変数は原材料コスト、特に増加が顧客に伝わる速度です。間接燃焼式エアヒーターの価格は、近年わずかに変動しています。

第5に、予測では、世界の間接燃焼空気ヒーターの消費値は、年間成長率が0.5〜3%とわずかに増加し続けます。間接燃焼式空気加熱器の製造とマーケティングからかなりの利益を得ることができる企業がいくつかあり、それが企業がこの市場に参入することもあると私たちが信じる理由です。しかし、この業界への参入を計画している企業は、この市場と、自社の利点または欠点を注意深く分析することが推奨されます。

間接燃焼空気ヒーター市場は、製品の種類とそのサブタイプ、主要な用途とサードパーティの使用分野、および重要な地域に基づいて分類できます。

このレポートは、タイプに基づいてグローバル間接燃焼空気ヒーター市場をセグメント化します。
500 K BTU /時未満
500〜1000 K BTU /時
1000 K BTU /時以上

アプリケーションに基づいて、グローバル間接燃焼空気ヒーター市場は次のように分類されます。
石油ガス
航空会社
鉱業および建設
その他の

地域は、2020年から2025年までの間接燃焼式空気ヒーター市場レポートでカバーされています。

北米、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド。
北米(米国、カナダ、メキシコ)。
ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イギリス、ロシア、イタリア)。
アジア太平洋(中国、日本、韓国、インド、東南アジア)。

レポートには150の表と図があり、レポートの説明と目次を参照できます
https://www.marketinsightsreports.com/reports/02041817726/global-indirect-fired-air-heater-market-growth-2020-2025?Mode=46&Source=LO

レポートの下で提供されている重要な機能とレポートの主なハイライト:

-間接燃焼空気ヒーター市場の詳細な概要
-業界の間接燃焼空気ヒーター市場のダイナミクスの変化
-タイプ、アプリケーションなどによる詳細な市場セグメンテーション
-ボリュームと値の面での歴史的、現在および予測される間接燃焼空気ヒーターの市場規模
最近の業界の動向と発展
-間接燃焼空気ヒーター市場の競合状況
-主要プレーヤーの戦略と製品提供
-将来性のある成長を示す潜在的およびニッチなセグメント/地域。

間接燃焼空気ヒーター市場に関するよくある質問:

–最近の動向と政府の政策は何ですか?
–来年、特定の経済の落ち込みを予測できるのはなぜですか?
–なぜ通貨が上昇するように設定されていると言うのですか?
–どの国およびセクターが最も高い可能性を提供しますか?
–最大の危険はどこにありますか?

特定のクライアント要件に基づくレポートのカスタマイズも提供します
–選択した5か国のカントリーレベル分析。
– 5つの主要な市場プレーヤーの競争力の分析。
–他のデータポイントをカバーするために40アナリスト時間。

私たちがリストするすべてのレポートは、市場に対するCOVID-19の影響を追跡しています。これを行っている間、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能な場合は、Q3のレポートに追加のCOVID-19アップデート補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

私たちに関しては

Market Insights Reportsは、5000を超えるミクロ市場に関する500,000の詳細な調査のオンライン市場調査レポートライブラリです。 Market Insights Reportsは、農業、エネルギーと電力、化学物質、環境、医療機器、ヘルスケア、食品、飲料、水、先端材料などに関する調査研究を提供します。

お問い合わせ

Irfan Tamboli –市場分析レポート
電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687
sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です