現在の米国コロナウイルスの症例は「氷山の一角」に過ぎない、と元USAID所長は言う

米国は、国内のコロナウイルス症例総数のほんの一部を確認したにすぎない、と米国国際開発庁の元所長は木曜日にCNBCに語った。

「テスト不足のため、米国の全症例の完全な可視性はまだありません」とJeremy Konyndyk氏は「Squawk Box」で述べました。「これまでのところ、米国での公式症例数の観点から見ているのは、おそらく氷山の一角にすぎません。」 

ジョンズ・ホプキンス大学によると、木曜日の時点で全米で少なくとも159件のCOVID-19症例が確認されています。米国の保健当局者によると、11人が死亡した。 

州および地方の役人は、実際の症例の数は確認された総数よりもはるかに多いと述べています。アンドリュー・クオモ知事は、ニューヨークが11件の症例を確認したと述べたが、州が患者を検査する能力を増強すると、「これは指数関数的に拡大するだろう」と付け加えた。

アウトブレイクの初期に、疾病対策予防センターは、全国の公衆衛生研究所にテストキットを送りました。CDCの関係者はその後、これらのキットに欠陥があると述べ、ウイルスを検出するための新しいガイダンスとキットをリリースしました。市と州は現在、診断のために現地の能力を向上させることに取り組んでおり、臨床医が検査をCDCラボに出荷することに依存する必要がなく、プロセスを遅らせることができます。

米国で確認された症例の数が増えると、米国の医療システムに負担がかかる可能性がある、とグローバル開発センターの上級政策フェローであるKonyndykは述べています。

「数年前、特にひどいインフルエンザの季節に、大きな打撃を受けた米国の病院のいくつかは、廊下の担架で人々を治療し、建物の外にインフルエンザからのケース負荷に対応するためにサージテントを設置していました」 USAIDの外国災害援助事務所の。「現在、まだインフルエンザの流行期にあるため、米国の病院システムには余計な帯域幅はあまりありません。」

世界の病院はCOVID-19の発生に対処する準備ができていないと、世界保健機関の職員は先週警告した。WHOの健康緊急プログラムのエグゼクティブディレクターであるマイクライアン博士は、医療システムは、より先進国でさえも、流行の「準備が整っていない」と述べています。

「先週、急増している国々や、非常に洗練された国々ですでに見たことがあります。臨床症例の負荷に対処するのに苦労しています」と彼は金曜日に語った。「世界中の医療システム、つまり北と南の準備が整っていないため、このウイルスの速度を落とす必要があります。」

カテゴリーNews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です