気候変動:富裕層のせいである、と国際的な研究が発見

富裕層は主に、86か国のリーズ大学によると、世界的な気候危機のせいであると主張しています。

最も裕福な人々の10分の1は、どこに住んでいても、下位10分の1の約20倍のエネルギーを消費します。

湾は輸送において最大であり、上位10分の1が、最貧10分の1の187倍の燃料を消費します。

最も低い収入の人々が運転することはめったにできないからです。

研究者は、金持ちになるほどエネルギーを多く消費することを発見しました。 そして、それはすべての国で複製されました。

また、大幅な政策変更がない限り、家庭のエネルギー消費量は2050年までに2011年のレベルから2倍になる可能性があると彼らは警告しています。

輸送湾

研究者は、欧州連合と世界銀行のデータを組み合わせて、さまざまな所得グループがどのようにお金を使うかを計算しました。 彼らはそれがその種の最初の研究だと言います。

輸送では、最も裕福な消費者の10分の1がエネルギーの半分以上を使用していることがわかりました。 これは、英国の旅行者の15%がすべてのフライトの70%を利用していることを示す以前の調査を反映しています。

英国の人口の57%が海外にまったく飛ばない一方で、超富裕層ははるかに遠くまで飛ぶ。

Nature Energyに掲載されたこの研究は、調理と加熱のためのエネルギーがより公平に消費されることを示しました。

しかしそれでも、消費者の上位10%が全体の約3分の1を使用しており、これはおそらく家のサイズを反映していると考えられます。

ソリューション?

リーズのプロジェクトのリーダーである共著者のジュリア・スタインバーガー教授は、「気候と生態系を保護しながら、誰にとってもまともな生活を提供するために、エネルギーの非常に不平等な分配をどのように変えることができますか?」

著者は、政府はより良い公共交通機関、より大きな車両へのより高い税金、およびほとんどの休日をとる人々への頻繁なフライヤー徴収を通して輸送需要を減らすことができると言います。

以前の研究では、資源の使用と電力の生産と配給への負担を減らすために、それでも運転の需要を減らす必要があることが示唆されていますが、別の代替手段は車両をより迅速に電化することです。

リッチブリッツ

この調査では、ある国と他の国の相対的なエネルギー消費量も調べました。

これは、英国市民の5分の1が世界のエネルギー消費者の上位5%に属し、ドイツ市民の40%とルクセンブルクの全人口を示しています。

世界のトップ5%のユーザーに属するのは中国人の2%のみであり、インドではわずか0.02%です。

英国の最も貧しい5分の1でさえ、インドの底の10億の5倍以上のエネルギーを一人当たり消費しています

この研究は、公平の問題が常に激しい論争を呼んでいる将来の国連気候交渉に火をつける可能性が高い。

アメリカでは、リバータリアン政治家は通常、気候変動を世界的な社会主義の前触れとして描いてきました。

普通の生活?

しかし、マンチェスターのティンダルセンターのケビンアンダーソン教授は、この研究に関与していなかったため、BBCニュースに次のように語っています。「この研究は、私たちのような比較的裕福な人々に、聞きたくないことを伝えます。

「気候問題は、政治家、ビジネスマン、ジャーナリスト、学者など、私たちの高いエミッターによって構成されています。 飛行機の増税に対する欲求がないと言うとき、私たちは飛行機を少なくしたくないことを意味します

「私たちの車と家の大きさについても同じことが言えます。 私たちは自分たちの人生は普通だと確信していますが、数字は非常に異なる物語を語っています」と彼は言いました。

この研究では、輸送エネルギーだけで2​​050年までに31%増加する可能性があると述べています。「輸送が引き続き化石燃料に依存している場合、この増加は気候にとって悲惨なものになるでしょう」と報告書は述べています。

さまざまな種類のエネルギー使用に対するさまざまな対策が提案されています。そのため、大型車の飛行と運転は高い税金に直面する可能性がありますが、住宅からのエネルギーは住宅の改修によって削減できます。

著者は、最近の予算が燃料使用量を増やすことを拒否し、4,000マイルの新しい道路を約束したことを指摘しています。 家の断熱については言及していません。

財務省は、研究で提起された課税問題を議論するために連絡されましたが、コメントを拒否しました。

カテゴリーNews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です