日本のコールドチェーンロジスティクス市場2020グローバルな洞察とビジネスシナリオ – Nippon Express、Yamato Holdings、Sagawa、Kintetsu World Express、Itochu Logistics Corp.、DHL、Kuehne Nagel、K line Logistics、Nichirei Logistics Group、Inc

日本コールドチェーン物流市場のレポートでは、最初の手の情報、業界アナリストによる定性的および定量的な評価、バリューチェーン全体で、業界の専門家や業界関係者からの入力をまとめたものです。レポートは、セグメントごとの市場の魅力とともに、親市場のトレンド、マクロ経済指標、支配要因の詳細な分析を提供します。レポートはまた、市場セグメントと地域に対するさまざまな市場要因の質的影響をマッピングします。COVID-19(コロナウイルス)が上流および下流市場に基づく製品産業チェーン、さまざまな地域および主要国に及ぼす影響を分析し、産業の将来の発展が指摘されています。

日本のコールドチェーンロジスティクス市場は、2020年から2025年の予測期間中に2%を超える成長率を示すと予想されます。既製食とPB製品(自社ブランドで契約メーカーの商品を手に入れるサプライヤーがブランドを所有するプライベートラベル商品)の強化により、弁当やおかずの形で伝統的な日本料理をアピールする現在の動き料理。農業部門の高齢化人口は、日本の他の地域と比較して最大であり、国内の農家の活発な数のペーシング減少につながり、日本の人口が肉、魚介類、および冷凍製品に移行するようになった主な理由の1つです。COIVD-19が有効になっていると、日本の商務省は2020年3月にドラッグストアでの販売が前年比7.5%増加したことを報告しました。反映された7。

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを取得します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202152018/japan-cold-chain-logistics-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025/inquiry?source=Label-online&Mode=12

レポートは、市場の競争力のある風景と、市場の主要ベンダー/主要企業の対応する詳細な分析を示しています。日本のコールドチェーンロジスティクス市場のトップ企業日本通運、ヤマトホールディングス、佐川、近鉄ワールドエクスプレス、伊藤忠ロジスティクス、DHL、キューネナゲル、Kラインロジスティクス、ニチレイロジスティクスグループ、双日株式会社、CEVAロジスティクス、国分グループ、敏捷性、SF Express *

主な市場動向

冷凍食品の需要につながる現代の世帯

冷蔵/冷凍食品の需要は、自立した高齢者などの現代の家族の解決策として増加しており、二重所得世帯と一人暮らしの増加に伴い、食糧の損失の危険性が増し、食品全体の労働力不足が増加していますと飲料業界。

日本冷凍食品協会によると、2018年の冷凍食品の国内消費量は2,893,299トン(前年同期比1.3%増)、一人当たりの消費量は22.9 kgでした。これに伴い、日本食、特に近年は農産物が世界的に爆発的に増加しています。日本の人口が高齢化するにつれて、健康寿命の変化は冷凍食品の全体的な販売を支援する人々の共通の願望であり、スーパーマーケット、ハイパーマーケット、ドラッグストアで大幅に増加します。

日本の製薬セクターの成長

日本は、特に人口の高齢化により、世界最大の医薬品市場の1つです。また、ジェネリック医薬品の宣伝のための積極的な政府のイニシアチブに支えられた先進医療施設の主要な生産者および輸入者の1つでもあります。

国のネイティブの生物製剤セクターは現在、米国に次ぐ2番目のポジションを獲得しています。低コストの模倣製品をサポートするという政府の焦点と相まって、これはバイオシミラーにとって大きな機会を伴います。革新的な製薬会社は長い間、独占期間の恩恵を受けてきましたが、ジェネリック医薬品の普及という点で他の成熟市場に追いついており、模倣品が占める市場のシェアは急速に拡大しています。このシステムの信頼性は、国内の製薬会社が自社製品でますますグローバル化し、コールドチェーンの貯蔵および輸送施設の需要が着実に増加している日本の上位企業の海外売上高のシェアが高まっているという事実に反映されています。

日本のコールドチェーンロジスティクス市場レポートの影響:

-日本のコールドチェーンロジスティクス市場におけるすべての機会とリスクの包括的な評価。

-日本のコールドチェーンロジスティクス市場では、最近のイノベーションと主要なイベントが市場に出ています。

-日本コールドチェーンロジスティクス市場をリードするプレーヤーの成長に向けたビジネス戦略の詳細な調査。

-今後数年間の日本コールドチェーンロジスティクス市場の成長計画に関する決定的な調査。

-日本コールドチェーンロジスティクス市場の詳細な理解-特定の推進力、制約、主要なマイクロ市場。

-日本コールドチェーンロジスティクス市場を襲う、重要な技術と市場の最新動向の中で好印象。

レポートには150の表と図があり、レポートの説明と目次を参照できます。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202152018/japan-cold-chain-logistics-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025?source=Label-online&Mode=12

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

主要な戦略的開発:  この研究には、R&D、新製品の発売、M&A、契約、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、および市場で地域の規模で活動する主要な競合他社の地域的成長を含む、市場の主要な戦略的開発も含まれます。

分析ツール:  日本コールドチェーンロジスティクス市場レポートには、いくつかの分析ツールを使用して、市場における主要な業界プレーヤーとその範囲の正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターの5つの力の分析、SWOT分析、フィージビリティスタディ、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動する主要企業の成長を分析しました。

主要な市場の特徴:  レポートでは、収益、価格、容量、容量稼働率、総量、生産量、生産量、消費量、輸入/輸出、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益など、主要な市場の特徴を評価しました。さらに、この調査では、関連する市場セグメントとサブセグメントとともに、主要な市場ダイナミクスとその最新の傾向について包括的な調査を提供しています。

レポートのカスタマイズこのレポートは、最大3つの企業または国または40の分析時間までの追加データのニーズに応じてカスタマイズできます。

営業チーム(sales@marketinsightsreports.com)にご連絡ください。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsなどの業界業種のシンジケート市場調査提供などのヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業、 MarketInsightsReportsは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジを提供し、360度の市場の見方をどの統計的予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)-市場分析レポート

電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です