共同ホワイトボードソフトウェア市場の詳細な分析と専門家レビューレポート2020-2025

チームのコラボレーションに最適な11のオンラインホワイトボード|  Zapier

コラボレーティブホワイトボードソフトウェアマーケット」レポートというタイトルのレポートは、より強力で効果的なビジネス見通しを得るために非常に役立ちます。トレンド、SWOT分析、ポリシー、複数の地域で営業しているクライアントなど、業界のさまざまな属性の詳細な分析を提供します。分析者は、定性的および定量的分析手法を使用して、読者、事業主、および業界の専門家に正確で適用可能なデータを提供しています。

コラボレーションホワイトボードソフトウェア市場は、2020年から2025年までの予測期間にわたって、9.8%のCAGRに達すると予想されています。開発のためのカンバン、リーン、およびアジャイルフレームワークの急増により、ホワイトボーディングはチームワークによく使われるツールになりました。シンプルな視覚化、迅速なコミュニケーション、そして実りあるコラボレーションは、この絶え間なく変化する環境の中で成功するための基礎です。

リンクをクリックしてサンプルコピーを取得します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202153637/collaborative-whiteboard-software-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025/inquiry?Source=LO&Mode=47

レポートは、市場の競争力のある風景と、市場の主要ベンダー/主要企業の対応する詳細な分析を示しています。  グローバルな共同ホワイトボードソフトウェア市場の上位企業:  ジェルドウェン、メイソナイト、アサアロイ(マイマン)、スティーブスドア、シンプソンドア、サンマウンテン、TruStileドア、リンデンドア、シエラドア、スタリオン、アパラチア、アメリカウッドドア、ウッドグレインドア、Arazzinni、 その他。

–教育および企業部門におけるゲーミフィケーションの増加傾向、eラーニングおよびデジタル教室の増加傾向、およびさまざまなエンドユーザーにまたがる共同ホワイトボードソフトウェアを含めるためのさまざまな国の政府からの資金調達の増加は、拡大の最も大きな要因です市場の。

–人工知能の開発とチームコラボレーションツールとの統合により、自動化の実現、組織内のコミュニケーションの向上に対する需要が高まることが期待されます。ほとんどの組織は、人工知能のチームの大きなメリットとして、生産性の向上と高価値のタスクに焦点を当てることを期待しています。

– COVID-19の影響により、今では数百万人が突然自宅で仕事をしているため、コラボレーションツールの需要が急増しています。マイクロソフトは、Microsoft Teamsのコラボレーションおよびコミュニケーションサービスが、社会的距離を隔てる措置またはその場での注文が実施されているイタリアで、月間ユーザーが775%増加したことを明らかにしました。Ernst&Young、SAP、Continental AG、Accentureなどの企業では、44万人以上の従業員がMicrosoft Teamsを使用しています。

共同ホワイトボードソフトウェア市場の地域分析:

市場のダイナミクスを包括的に理解するために、米国、中国、ヨーロッパ、日本、東南アジア、インドなど、主要な地域でグローバルな共同ホワイトボードソフトウェア市場を分析します   これらの各地域は、市場のマクロレベルの理解のために、これらの地域の主要国全体の市場調査結果に基づいて分析されます。

主な市場動向

COVID-19の発生により、チームの共同ホワイトボードソフトウェアの使用が増加すると予想されます。

–世界のさまざまな国でCOVID-19が発生したため、ウイルス政府を抑制する多くの政府は、米国、ヨーロッパの主要国、さらには中国、インド、シンガポールなどのアジア太平洋諸国を含む全体の封鎖を発表しました。多くの組織や教育機関は、従業員や学生が危機時に自宅で仕事をする傾向があるため、共同ホワイトボードの使用を促進しています。

–組織の移動時間を節約する視覚会議の需要の増加、企業の快適さの向上、高品質インターネット接続へのアクセスの増加による企業間でのWeb会議の採用の急増は、この地域の市場を牽引する他の要因です。

– MicrosoftのチームコラボレーションソフトウェアであるMicrosoft Teamsは、eラーニング技術の採用を必要とする遠隔地の仕事や学校の閉鎖に合わせて企業を調整したため、需要が40%増加しました。Microsoftがローンチした新しいTeams機能は、リモートミーティングがパンデミック前の例外ではなくデフォルトの作業モードになるため、リモートミーティングを改善するように設計されています。

レポートの説明と目次を参照します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202153637/collaborative-whiteboard-software-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025?Source=LO&Mode=47

競争環境–

共同ホワイトボードソフトウェア市場は適度に統合されています。市場のトッププレーヤーが市場シェアの大部分を占めています。さらに、既存のプレーヤーは、一般に新しいプレーヤーに切り替えない顧客ベースをすでに持っており、新しいプレーヤーは、市場ですでに確立されているプレーヤーとの巨大な競争に直面しています。

弊社の営業チーム  (sales@marketinsightsreports.com )にご連絡ください

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)–市場分析レポート

電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com irfan@marketinsightsreports.com

カテゴリーNews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です