コロナウイルスに見舞われたワシントンの特別養護老人ホームの住民の家族が答えを求めている

ワシントン州では、過去1週間に9人が介護施設の入居者を含む新規コロナウイルスで死亡したため、患者の家族は不安を抱き、回答を求めています。

ヴァネッサフェルプスは、1週間前にライフケア老人ホームの居住者である母親を訪問しました。2月29日に施設で最初のCOVID-19症例が診断された後、老人ホームはフェルプスにウイルスの検査を受けるべきであると告げた。

フェルプスは現在、自宅で自己検疫されています。火曜日まで、彼女は母親と全く連絡が取れなかった。Life Careの電話回線は混雑しており、多くの家族が老人ホームに通えないときに緊張してお互いにメールを送りました。

「家族全員が本当に心配している。愛する人が生きているかどうか、ウイルスに感染しているかどうかわからない」とフェルプスはスカイプでABCニュースに語った。

一部の家族は、認知症の人、寝たきりの人、発話能力に影響する脳卒中、つまり電話で話すことができない老人ホーム入居者に連絡を取ろうとしていました。ライフケアと連絡を取ることが彼らの唯一の選択肢でした。

「私たちは誰も通れず、誰も立ち入ることができません。だから私たちは締め出されただけです」とフェルプスは語りました。高齢者と健康状態の基礎がある人は、COVID-19による合併症のリスクが高くなります。

「それは恐ろしいです。私の母は一人でそこにいるだけで、それはただ悲痛であり、彼らがしていることは受け入れられません」と彼女は付け加えました。「これらは私たちが愛する人々であり、私たちがコミュニケーションをとることは受け入れられません。」

火曜日、フェルプスは、彼女はついに母親と一緒にチェックインできたと言いました。母親は虚弱ですが、状況下でできる限りのことをしています。

キング郡の公衆衛生部門は、症状のある人を検査するためにライフケアと協力し、COVID-19を持っているかのようにすべての病気の患者を管理し治療すると述べた。患者がより集中治療を必要とする症状を発症した場合、病院に搬送されます。

「現時点でこれがどれほど落ち着かないかを理解している」と同局は声明で述べた。「ライフケアと公衆衛生は、あなたの愛する人の世話を確実にするためにできる限りのことをします。」

州の保健省は、ABC Newsからのコメントの要請にすぐに応答しませんでした。

ライフケアは、コメントの繰り返しのリクエストに対応しませんでした。

カテゴリーNews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です