クリーンルーム消耗品市場2020グローバルインサイトとビジネスシナリオ– Kimberly Clark Corporation、Texwipes、Nitritex Ltd.、Valuetek Inc.、Azbil Corporation Inc

クリーンルームの消耗品市場は、2020年から2025年までの予測期間にわたって5%のCAGRで成長すると予想されます。

クリーンルーム消耗品市場のレポートでは、最初の手の情報、業界アナリストによる定性的および定量的な評価、バリューチェーン全体で、業界の専門家や業界関係者からの入力をまとめたものです。レポートは、セグメントごとの市場の魅力とともに、親市場のトレンド、マクロ経済指標、支配要因の詳細な分析を提供します。レポートはまた、市場セグメントと地域に対するさまざまな市場要因の質的影響をマッピングします。COVID-19(コロナウイルス)が上流および下流市場に基づく製品産業チェーン、さまざまな地域や主要国、そして産業の将来の発展に及ぼす影響を分析しました。

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを取得します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202153589/cleanroom-consumables-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?source=Label-online&Mode=12

レポートは、市場の競争力のある風景と、市場の主要ベンダー/主要企業の対応する詳細な分析を示しています。クリーンルーム消耗品市場のトップ企業Kimberly Clark Corporation、Texwipes、Nitritex Ltd.、Valuetek Inc.、Azbil Corporation Inc

2020年6月29日:Texwipeがアップサイクルクリーンルーム消耗品ラインを発表

ITWの会社であるTexwipeはREVOLVEを発表しました。これは、アップサイクルポリエステルから作られたクリーンルーム消耗品の史上初の完全なラインです。プラスチック製のボトルから作られ、Unifiが作成した再生繊維であるREPREVEヤーンを使用。REVOLVEは、​​環境に配慮した新しい製品ラインです。REVOLVEは、​​さまざまなサイズ構成の70%IPA / 30%DIWで事前に湿らせた、無菌および非無菌のクリーンルームワイパーを含む完全な製品ラインを網羅しています。さらに、クリーンルームと重要なクリーンマーケットスペースのための、特許出願中の新しいモップカバーとストリングモップが提供されます。各製品ラベルには、バッグの内容物を作成するために使用された使用済みボトルの数が表示されます。TexwipeとUnifi / REPREVEの間のチームワークは、エコフレンドリーへの取り組みとともに、クリーンルーム市場に最高品質の製品を提供する長年のビジネス関係を表しています。Texwipeには環境への意識の長い歴史があり、REVOLVE製品にREPREVE糸を使用することで、Texwipeの顧客は持続可能性目標の達成をさらにサポートできるようになります。

20204月 -Contecは、成長中の消毒剤ポートフォリオを強化するために、新しい無菌シカノール消毒剤を発売しました。これは、EPA登録済みのすぐに使用できる、中間の洗浄剤または消毒剤です。これは、最も重要な環境で使用するための、4級アンモニウムとエチルアルコールの1ステップの0.2ミクロンフィルター処理ブレンドです。それは、新興の病原体やCOVID-19を含む広範囲の微生物に対して効果的です。細菌、ウイルス、真菌、結核に対して1分間の接触時間があります。この短い接触時間は、滞留時間の遵守を保証するのに役立ち、ひいては、幅広いライフサイエンス施設の洗浄プロトコルにおける洗浄効率を向上させます。また、界面活性剤も含まれているため、事前洗浄のステップは必要ありません。

20204月 -Kimberly Clark Professionalは、世界中の10,000人を超える清掃専門家に無料でGBAC基礎オンラインコースを修了できるよう寄付しました。COVID-19パンデミック時の清掃専門家のニーズに対応し、小規模な清掃組織が感染症の予防と管理対策に関する重要なトレーニングを従業員に提供できるように支援する新しい奨学金プログラムを発表しました。このプログラムは、世界的な洗浄業界団体であるISSA、およびISSAの一部門であるGlobal Biorisk Advisory Council(GBAC)と協力しています。

主な市場動向

-米国と中国の間で進行中の貿易戦争により、多くの電子デバイスメーカーは、実質的な輸入関税を節約するために、事業を中国から他の国にシフトするようになりました。たとえば、サムスンは、中国の珠江デルタの北にある恵州市にあるその30年前の工場を閉鎖し、2019年10月にインドとベトナムに事業を移しました。同様に、Engo Holdings Group Limitedは、500万ドル相当の工場を電話とラップトップコンピュータを製造するウガンダ。これらの新しい製造ユニットにはクリーンルームがあり、クリーンルームの消耗品の需要に応じて、標準品質の電子部品とデバイスを提供しています。

-消費者のライフスタイルの変化とスナック製品の需要の増加により、食品の貯蔵寿命と無菌性が向上し、最終消費者に利便性がもたらされるパッケージ化された食品の成長が促進されています。したがって、食品および飲料業界は、厳格な政府規制によって規制されており、品質目標を達成し、HACCP(危険分析および重要管理点)を改善し、管理された製造および処理環境でSSOP(衛生基準運用手順)を改善します。次に、製品の汚染を防ぐための滅菌済み機器の需要を促進し、製造業者にクリーンルームの消耗品と慣行を選択するように働きかけます。

-さらに、生物分野の発展、滅菌済み医薬品および医療機器の需要の高まり、ヘルスケアの技術進歩により、将来的に市場が拡大します。

ヘルスケアセクターは大幅な成長を経験する

-座りがちなライフスタイルの採用は、世界中の慢性疾患の高い有病率に貢献する主な要因であり、慢性を診断および治療するための電子デバイス(糖尿病デバイス)、システム、および薬を開発するための技術進歩の実施を推進しています疾患。

-報告によると、慢性疾患は米国で最も一般的で費用のかかる健康状態の1つであり、全アメリカ人のほぼ半分(約45%、1億3300万人)が少なくとも1つの慢性疾患を患っており、その数は増加しています。最も一般的な慢性疾患は、HIV、癌、糖尿病、高血圧、脳卒中、心臓病、呼吸器疾患、関節炎、肥満です。また、米国疾病対策センターによると、米国の慢性疾患は、医療費総額の75%近くを占めており、1人あたり年間5300米ドルと推定されています。

-製薬会社は、試験を実施し、慢性疾患を治療するための効果的な薬を考案するために、研究開発能力を拡大しています。たとえば、臨床バイオ医薬品会社のAurinia Pharmaceuticals Inc.は、2021年にループス腎炎の治療のためのボクロスポリンの開発を進めるために、ロックビルに米国の商業拠点を設立します。モップなどのクリーンルーム消耗品の需要が高まるでしょう。医療目的で明示的に設計されたバケツ、絞り器、スキージ、および検証綿棒。

重要な市場シェアを保持するアジア太平洋

-アジア太平洋地域では、主に世界中で電子ガジェットの採用が進んでいるため、市場が大幅に成長し、企業は、人件費と原材料コストの低下により、製造工場を設立するための投資を増やしました。さらに、医薬品およびバイオテクノロジー業界の成長の高まりと、ヘルスケアおよび研究分野でのクリーンルーム消耗品の需要の増加は、製品の品質を維持する上で重要な役割を果たします。

-アジア諸国は、手頃な価格で研究を行い、医薬品を開発するためのより良い研究と製薬インフラを持っています。そのため、外国企業のほとんどが共同で治療法を作成し、大量生産しています。Serum Institute、Biological E、Bharat Biotech、Indian Immunologicals、Mynvaxと名付けられたインドの約6社は、COVID-19ワクチンの開発に取り組んでおり、世界中に急速に広がる致命的な感染の迅速な予防法を見つけるための世界的な取り組みに参加していました。さらに、Cipla、Glenmark、Dr。Reddys(インドに拠点を置く製薬会社)は、ギリアドサイエンスと共同で、エボラ出血熱を治すために最初に開発された実験薬であるレンデシビルを開発する予定ですが、現在、COVID-19に対する最良の選択肢について推測されています。

-航空宇宙および防衛産業では、戦闘機、ヘリコプター、捜索救助用の飛行船、エンジンなどの部品の品質を維持し、国際的な要件と基準を満たす製品とサービスを開発するために、クリーンルームが非常に重要です。 。日本は世界第3位の経済大国であり、その技術の進歩により、老朽化し​​た機器は新しい機器に置き換えられました。たとえば、2020年に日本の防衛省(MoD)は、最新の兵器システムLRASM(スタンドオフ機能付きの精密誘導対艦ミサイル)を調達する意向を発表しました。環境。

クリーンルーム消耗品市場レポートの影響:

-クリーンルーム消耗品市場におけるすべての機会とリスクの包括的な評価。

-クリーンルームの消耗品は、最近の革新と主要なイベントを販売しています。

-クリーンルーム消耗品市場をリードするプレーヤーの成長のためのビジネス戦略の詳細な調査。

-今後数年間のクリーンルーム消耗品市場の成長プロットに関する決定的な研究。

-クリーンルーム消耗品市場の特定の推進要因、制約、および主要なマイクロ市場の詳細な理解。

-クリーンルームの消耗品市場を打つ重要な技術と市場の最新トレンドの中での好ましい印象。

レポートには150の表と図があり、レポートの説明と目次を参照できます。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202153589/cleanroom-consumables-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025?source=Label-online&Mode=12

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

主要な戦略的開発:  この研究には、R&D、新製品の発売、M&A、契約、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、および市場で地域の規模で活動する主要な競合他社の地域的成長を含む、市場の主要な戦略的開発も含まれます。

分析ツール:  クリーンルーム消耗品市場レポートには、いくつかの分析ツールを使用して、市場における主要な業界プレーヤーとその範囲の正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターの5つの力の分析、SWOT分析、フィージビリティスタディ、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動する主要企業の成長を分析しました。

主要な市場の特徴:  レポートでは、収益、価格、容量、容量稼働率、総量、生産量、生産量、消費量、輸入/輸出、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益など、主要な市場の特徴を評価しました。さらに、この調査では、関連する市場セグメントとサブセグメントとともに、主要な市場ダイナミクスとその最新の傾向について包括的な調査を提供しています。

レポートのカスタマイズこのレポートは、最大3つの企業または国または40の分析時間までの追加データのニーズに応じてカスタマイズできます。

営業チーム(sales@marketinsightsreports.com)にご連絡ください。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsなどの業界業種のシンジケート市場調査提供などのヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業、 MarketInsightsReportsは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジを提供し、360度の市場の見方をどの統計的予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)-市場分析レポート

電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です