エンタープライズコンテンツ管理市場2020の戦略的評価とシナリオ– CAPGEMINI SE、XEROX CORPORATION、OPENTEXT CORPORATION、IBM CORPORATION、ORACLE CORPORATION

エンタープライズコンテンツ管理用ソフトウェア-ECM |  SoftExpert

エンタープライズコンテンツ管理市場2020レポートでは、エンタープライズ・コンテンツ管理業界のための情報を求めている人のための重要なデータを提供し、市場の、包括的な専門的、および多数の詳細な研究です。市場レポートは、業界の仕様、主要戦略、将来の展望、およびコスト構造を提供します。レポートはまた、予測期間中に需要に影響を与えるエンタープライズコンテンツ管理市場の将来の傾向を強調しました。

エンタープライズコンテンツ管理(ECM)市場は、2019年に416.5億米ドルと評価され、2020〜2025年の予測期間で14.36%のCAGRで、2025年までに931.6億米ドルに達すると予想されています。

このレポートの独占サンプルコピーは次の場所にあります。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745103/enterprise-content-management-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025/inquiry?source=Coleofduty&Mode=DP20       

レポートは、市場の競争力のある風景と、市場の主要ベンダー/主要企業の対応する詳細な分析を示しています。 グローバルエンタープライズコンテンツ管理市場のトップ企業:Capgemini SE、Xerox Corporation、OpenText Corporation、IBM Corporation、Oracle Corporation、M-Files Corp.、Hyland Software Inc.、Epicor Software Corp、Alfresco Software Inc.、DocuWare GmbH、Datamatics Global Services Limited、Hewlett Packard Enterprise Company、Microsoft Corporation、Newgen Software Technologies Limited

ドキュメントの作成、ドキュメントの編集および発行のための自動ワークフローにより、ビジネスプロセスとスタッフメンバー間のコラボレーションが向上します。既存のコンテンツをより適切に使用する機能を提供するこのような利点は、市場の需要を後押しする主な理由です。

エンタープライズコンテンツ管理ソリューションとそのプラットフォームの有効性は、規制された法律に従って、コンテンツの作成、保存、複数のバージョン、配信、アーカイブ、および廃棄の段階で開始されるコンテンツのすべてのフェーズを管理することを目的としているという事実に由来します会社の運営場所と組織の企業ポリシー。
管理のコンテンツが商用サプライチェーン、契約管理、人事プロセス、政府管理からのものであるかどうかにかかわらず、企業でのECMソリューションの実装の背後にある原動力は、ビジネスを効率的かつより良く行うことです。紙のドキュメントへの依存を排除​​し、ビジネスニーズに応じて非構造化情報を整理することで、組織はより効率的に作業できるようになります。

レポートの範囲

エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソリューションは、組織の戦略を調整して、効率と費用対効果を向上させます。コンテンツに埋め込まれた顧客情報と企業ナレッジを最大限に活用することで実現します。ECMソリューションは、ビジネスコンテンツをキャプチャ、保存、アクティブ化、分析、および自動化し、以前は構造化されておらず利用できなかったデータから新しい価値を提供します。ECMシステムは、企業がドキュメント、情報、電子メール、ファイル、レコードなどのデータセットを整理、管理、統合するのを支援します。 、アプリケーションデータ、製品カタログ、Webページなど。企業は統合システムを使用して、データをシームレスに管理し、システムを使用してコンテンツのライフサイクルを管理できます。

割引について問い合わせる:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745103/enterprise-content-management-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025/discount?source=Coleofduty&Mode=20

ドキュメント管理は大幅な成長を記録することが期待されています

紙のドキュメントは、スペースを取り、処理に時間がかかるため、問題があることが判明しています。それらはまた、保存するのが困難であり、腐敗しやすくなるというリスクもある。そのため、管理する電子データや文書の量が増加しています。また、利用可能なテクノロジーに大幅な改善が加えられ、その結果、ドキュメントを保存および取得するためのより安全で効率的なシステムが実現しました。これらすべての要因により、ドキュメント管理テクノロジーは、市場で最も急速に発展している管理システムの1つになっています。

文書管理により、組織は電子文書の作成、承認、改訂、および消費をより適切に管理できます。また、ライブラリサービス、ドキュメントプロファイリング、検索、チェックイン、チェックアウト、改訂履歴、バージョン管理、ドキュメントセキュリティなどの主要な機能も提供します。さらに、クラウドコンピューティングは、ドキュメント管理システムの分野でさえ、その多くの利点をもたらしました。簡単にアクセスできるリソースとドキュメントおよび関連ソフトウェアのリポジトリを提供し、費用対効果を高めるのにも役立ちます。ただし、ドキュメント管理システムのベースとしてクラウドコンピューティングを使用することには、利点と欠点の両方があります。アクセスが容易でメンテナンスの手間が軽減されますが、セキュリティ上のリスクが発生する可能性があり、完全な制御はできません。

提供されていない重要な機能とレポートの主なハイライト:

  • 2015年から2026年までの業界のトレンドとシェアに関するグローバルなエンタープライズコンテンツ管理市場の広範な分析により、成長の機会を特定し、市場の動向を分析する
  • グローバル、地域、および国レベルでの業界のエンタープライズコンテンツ管理市場の今後の機会のロードマップを構築するのに役立つ主な要因のリスト
  • バリューチェーンのさまざまな利害関係者の成長機会に関する洞察と、市場で活動している主要プレーヤーの詳細な競争状況により、市場の競争レベルを理解する
  • ポーターのファイブフォース分析。バイヤーとサプライヤーの力を強調し、利害関係者が利益志向のビジネス上の意思決定を行えるようにします。
  • レポートは、今後のホットな市場動向を特定するのに役立ちます。レポートはまた、特定の新興トレンドによって市場が目撃する可能性のある影響と混乱を追跡します。

レポートの目的は、市場の包括的な評価を提示することであり、思慮深い洞察、事実、履歴データ、業界で検証された市場データ、および適切な一連の仮定と方法論による予測が含まれています。レポートはまた、グローバルエンタープライズコンテンツ管理市場のダイナミクス、市場セグメントを識別および分析することで構造を理解し、グローバル市場規模を予測するのに役立ちます。さらに、レポートはまた、製品、価格、財政状態、製品ポートフォリオ、成長戦略、および地域のプレゼンスによる主要なプレーヤーの競争力分析に焦点を当てています。レポートはまた、PEST分析、PORTERの分析、およびSWOT分析を提供し、グローバルエンタープライズコンテンツ管理市場の新興セグメントへの取り組みと投資を優先するという株主の問題に対処します。

特定のクライアント要件に基づくレポートのカスタマイズも提供します。

–選択した5か国のカントリーレベル分析。

– 5つの主要な市場プレーヤーの競争力の分析。

–他のデータポイントをカバーするために40アナリスト時間。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)–市場分析レポート

電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です